だいやめキッチン

体にやさしい、晩酌を。

おいしい焼酎の「水割り」のつくり方

焼酎の割り方のなかで、おそらくもっともベーシックな焼酎の飲み方である、水割り。

特に若い世代で焼酎が好きな方の中にはは「お湯割りより水割りが好き!」、という方も多いのではないでしょうか。

「水割り」といえば、焼酎を水で割るだけのシンプルな飲み方。しかし、「ただ水を加えればいいんでしょ?」と思っていたら大間違い! 水割りにもちゃんとつくり方にコツがあるんです。

以下で解説する方法で試してみて、ぜひワンランク上の水割りを飲んでみてはいかが?

手順

1.氷をグラスに入れる

グラスに氷をちょっと多めに入れます。

氷は家庭用冷蔵庫で作れる氷でもいいですが、コンビニやスーパーで売っているロックアイスの方が溶けにくいのでおすすめです。

2.焼酎を注ぐ

グラスに焼酎を注ぎます。

通常焼酎のアルコール度数は25度で、水割りの場合は焼酎:水の割合が5:5(ゴーゴー)、または6:4(ロクヨン)くらいの比率にすると、ちょうど美味しく味わえる濃さになります。

3.次に水を注ぐ

水をゆっくり注ぎます。

水は、極力ミネラル分の少ない軟水を使うのがオススメです。

また、水は氷がすぐに溶けないよう、できるだけ冷たいものを用意しておきましょう。水を入れたら、軽くかき混ぜます。

4.かき混ぜる

その後、焼酎と水がうまくなじむようにしばらくかき混ぜれば、完成!

一度は試してもらいたい「前割り」

水割りで試してもらいたいのが、飲む数日前に焼酎を水で割っておく「前割り」という飲み方。

焼酎どころ鹿児島では、客人を持てなす際などに振る舞われる飲み方です。

1日でも前割りの効果は実感できますが、グッと堪えて5日ほど寝かせると、驚くほどなめらかで、開けてそのまま飲む場合とは全然ちがった風味を味わうことができます。

おいしい前割りのつくり方は、以下のの記事でも解説していますので、ぜひチャレンジしてみてください!

おいしい「前割り」のつくり方|だいやめキッチン – 体にやさしい、晩酌を。

ピックアップ

かんたんタッカルビ

キムチの素を使うことで、簡単に韓国風の味付けに。 辛い味が苦手な方は、キムチの素の量を減らしたり、チーズの量を増やしたりして調整してみてください? チーズ好きの方は、チーズたっぷり入れてみても良いですね❗️

チーチク焼き

チーズ好きにはたまらない!簡単で手軽な一品です? 香ばしいちくわの風味と、とろけたチーズとのハーモニーをお楽しみあれ?

お茶漬けもやし

彩り豊かで綺麗な見栄え♪ 2〜3分もあればできてしまう超かんたんな一品です☺️ 今回は、「柴漬け茶漬け」の素を使いましたが、他にも色んなお茶漬けの素を使って試してみるのも良いでしょう❗️

たぬき和え

天かすでコクをアップ!レンジだけでかんたんにできる一品です? 食感がたまらないですねぇ?

肉巻きチーチク

とろ〜り溶けたチーズが美味しい一品? ぜひアツアツのうちにお召し上がりください❗️ ちくわによってボリューム感も感じられるのもgood?