だいやめキッチン

体にやさしい、晩酌を。

日刊だいやめキッチン

今日のだいやめをちょっぴり豊かにする情報をお届け。

まぼろしの焼酎?

こちらは、鹿児島県いちき串木野市にある大和桜酒造が毎年つくっている芋焼酎「大和桜」の新酒(非売品)です。焼酎とはおもえないオシャレなボトルですが、なかにはつい先日できたばかりの芋焼酎が入っています。 できたばかりの焼酎を「新酒(新焼酎)」として発売することはよくありますが、このように非売品として酒屋…

絶品まろやか! 黒糖焼酎の牛乳割り

黒糖焼酎を造る現役の杜氏の方が教えてくれた絶品の割り方、「黒糖焼酎の牛乳割り」🐄🐄🐄 黒糖焼酎を水の代わりに牛乳で割るというシンプルな割り方なんですが、牛乳と黒糖焼酎どちらの良さも引き立っていて、とっても美味しい! ・ 割合としては、黒糖焼酎 4:牛乳 6、くらいで混ぜるとちょうどよい仕上がりになり…

海苔アボガド

アボガドの濃厚さがお酒にもピッタリ👍 すりゴマを粉チーズに変えても美味しいですよ😳 お試しあれ😘

わさポンきくらげ

さっぱりとした味わいが癖になる😘 しょうがが苦手な方は、少し量を減らして調整してみてくださいね🙏 きくらげの食感、やっぱり最高です❗️ 沖永良部島に行って以来、すごくハマっています!

きくらげの卵とじ

きくらげの肉厚な歯ごたえがたまらない😘 卵のトロッとした食感との組み合わせも最高ですよ❗️ 普段なかなか使わない食材ですが、せっかくの沖永良部島土産ということで使ってみました。 ハマりそう・・・😳

焼酎はいきもの?

こちらは、タンクに溜まった焼酎のもととなる「もろみ」を専用の棒でかき混ぜた直後のようす。このタンクで造られているのは黒糖焼酎です。 それまではピタっと静かだったのに、急にこのようにぷつぷつと炭酸ガスが湧き出してきました。これは、酵母が発酵する際に生まれるもので、自然と発生するものです。実際、炭酸ジュ…

イタリアンエリンギ

レンジで簡単😘 包丁いらずのレシピです😄 焼酎にはもちろん、ワインにも合う万能なレシピなので是非お試しください😙 【訂正】 ※ 動画の内容に誤りがございました。90Wと書かれた箇所は、正確には60秒となります。

芋臭さが好きなマニアも多い、 焼酎の新酒(新焼酎)って?

「新酒」(「新焼酎」とも言う)とは、夏から秋にかけて収穫された新鮮な原料(芋焼酎の場合は芋焼酎)を使って仕込まれ、その年に蔵から初めて出荷される焼酎のことをいいます。 写真は、宅配だいやめキッチンでも2017年12月号としてお届けした「紫尾の露」を造っている、軸屋酒造の芋切り作業の様子。これらの芋は…

低糖質!恵方巻

恵方巻き!ボリュームたっぷりですが、はんぺんだから低糖質! だいやめのおつまみにもピッタリです。今晩にいかがですか?

【まるでウィスキー】焼酎の「木樽貯蔵」って?

焼酎は、蒸留後、一般的に3ヶ月ほど貯蔵して瓶詰め・出荷されていきますが、なかには3年〜5年など、長期間貯蔵されて出荷される焼酎も少なくありません。 また貯蔵法もさまざまで、中にはこのように木樽に入れた状態で寝かせる銘柄も存在します。写真は、ウィスキーを造る際に貯蔵する木樽に、焼酎を入れて寝かせれてい…

焼酎のためだけに作られた風呂敷「しょつづつみ」

きょうは、だいやめをより豊かにするアイテム「しょつづつみ」をご紹介! 「しょつ」とは、芋焼酎の一大産地鹿児島で焼酎のことを指すことば。その「しょつ」を包んで運ぶため風呂敷、「しょつづつみ」が最近発売されたので手に入れてみました! よーく見ると、風呂敷の柄は焼酎が造られる工程が描かれています! こちら…

【酒器紹介】ラジウムボトル

みなさん「ラジウムボトル」ってご存知ですか? ラジウムボトルは「ラジウム鉱石」と呼ばれる自然界の鉱石を用いて作られたボトルのこと。なんと、この容器のなかに水や焼酎を入れておいておくだけで、飲み口がまろやかになり、美味しく感じられるようになるという代物なんです! 実際、一晩焼酎をラジウムボトルに入れて…

申し訳ございません!コンテンツは現在準備中です。

1

2

3

4

もっと見る

宅配だいやめキッチン

おいしい晩酌を、毎月ご自宅にお届けします。
これまでにお届けしたセットと、インタビュー記事をご紹介。

「鉄幹 無濾過」(オガタマ酒造)

鹿児島県薩摩川内市のオガタマ酒造が造る本格芋焼酎。新鮮な芋本来の香りと、かつ濃厚でありながら爽快な甘みのある味わいが特徴。

「珍々豆 他」(大阪屋製菓)

鹿児島県の老舗企業「大阪屋製菓」の豆菓子と、「しか屋」のドライ納豆をセレクト。特に、「珍々豆」は、焼酎のおつまみの定番商品として鹿児島県民に親しまれている。

「悪太郎」(相良酒造)

麹屋の老舗「河内源一郎商店」と共に作られた特製白麹で仕込んだ本格芋焼酎。やわらかい口当たりでキレがよく、スッキリとした味わいが特徴。

「「旅する丸干し 南イタリア風」他」(下園薩男商店)

鹿児島県阿久根市にある下園薩男商店が作るウルメイワシのオイル漬け。紅白柄のパッケージは、地域限定色。

「紫尾の露 紫月」(軸屋酒造)

「紫尾の露 新酒」は、トゲのない柔らかな口あたりが特徴の本格芋焼酎「紫尾の露」の新酒版。新酒特有のフレッシュな香りと味わいが楽しめる1本です。

「黒豚軟骨の甘辛醤油煮」(AKR Food Company)

「持ち帰れる黒豚」がコンセプトの、鹿児島県特産の黒豚を使った缶詰。芋焼酎によく合う、甘辛い味付けが特徴的。

「白金吟酒」(白金酒造)

名前の通り、吟醸酒のような風味が感じられる銘柄。ライトな口当たりで飲みやすく、特にロックや水割りにして飲むことで、独特の風味が引き立ちます。

「姫かつお 角煮」(土佐食)

高知県で伝統的な一本釣りによって獲られた姫かつお。梅和えにしたときの酸味と、白金吟酒のフルーティな香りとが織りなす相性は抜群です。

「まるにし 夏の夜」(丸西酒造)

鹿児島県産の黄金千貫・綾紫・ムラサキマサリを原料に造られた焼酎を絶妙にブレンドし、スッキリとした味わいで旨味・甘味が心地いい、夏季限定焼酎の芋焼酎。

「重久手羽煮」(くろず屋)

国産手羽を特製の黒酢ダレで味付けし、じっくりと煮込んだ、鶏手羽の旨みと、黒酢の程よい酸味がくせになるおつまみ。

詳しく見る

Instagramの投稿

ハッシュタグ「#だいやめキッチン」にて、たくさんの方が素敵なだいやめの写真をアップしてくれています!